夢華月縮小版

アクセスカウンタ

zoom RSS ほんともう、お願いだから。

<<   作成日時 : 2007/01/07 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

あー・・・・・・・。やっちゃった。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


本当は、ずっとコメントしないでいようと思っていたんですよ。
何を思っても、何を言ってもその人には伝わらないから。
善意のつもりの忠告が悪意に摩り替わる。
そんなのは、できればもう嫌だと思ったんで。
なので、ずっと読んでいてもコメントは避け続けていたんですが。
今日書いてあった記事を読んで、ムカついて書いちゃいました。

何様なんでしょうね。あの人。
人に迷惑を、辛い思いをさせていい理由なんて誰にもないはずなのに。
自分のわがままを聞いてほしいために、相手を傷つけることを平気で言う。
相手を不安にさせる。そして自慢げに笑う。
まあ、私が実際に体験したことではないのですが。
けれど、それを受ける側がどれくらい辛くて心配になるか
私にも分かります。
言っているほうはたいしたことだと思ってないのかもしれません。
だけど言われるほうは、真剣に心配して悩んでしまうんです。
自分に何ができるのかと。

けれど、実際にできることは何があるのだろうと。

本当のところ、人が人にできることなんて
何もないに等しいんだと私は思います。

言葉も行動も。その場を繋ぐだけのものでしかない。
それが長く続いてやっと違う思いを紡ぐんだと思います。

どんな悩みも不安も恐怖も。体験も。
その人にしかわからないじゃないですか?
幸福を人と分かち合うのは結構簡単です。
笑顔を増やすのは案外簡単です。

だけど、不安を取り除けるのは誰でもない。本人しかない。

距離や付き合いの深さとかそんなの関係ない。とか
愛は美しいもの。とか

どこかのドラマや歌にありそうですが。

そんなことはないんです。きっと。

愛は美しい反面、ひどく醜悪です。

誰かを愛しいと思う気持ちはとても大事だと思います。
けれどそれが度を越えると相手の意識を無視して独占したくなる。
相手に見返りを求める。

その時点でそれは自己満足でしかないのだと思います。

書く言う私は、自己満足の愛に満たされる人間です。
私がしている行為は完全に自己満足でしかない。

それでも。
私にとって大切な友人が苦しむのを見たくない。
それだけなんですよ。結局。


そして、あの人は、友人を苦しめる存在でしかない。

近くにいたら、とりあえず張り倒したいな。

「死にたい」と「さようなら」というのなら本当に実行すればいいんだ。
そうやって相手の気を惹いて自分を見させて何が楽しいんだ?
それは対等な人間関係じゃない。
「あの人が何をやるか分からない。心配だから様子を見ていよう」
そういう感情を生ませ、その優しさに付け込んで威圧感で相手を制圧しようとしてるだけに
見えるんだよ。

お願いするから、もう。

私の大切な人に。気風のいい人に。一生懸命生きている人に近づかないでくれ。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


こんなこと書く予定じゃなかったのにな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私だけじゃなく多くの方にお怒りや
大変不愉快な思いをさせてしまった
結果となった事が残念でなりません。

結局コメントに対して何も返して貰えず
記事自体を削除されてしまったのですね
今までブログを書かれてる方を色いろ
拝見させて頂きましたが、ここまで
誠意が感じられず、読む側に怒りや
苦しみだけを与えるだけのブログに
出合った事がありません。始めから
削除するぐらいなら私に直接問うべき
だったと思いました。
個人の職業や収入、性別年齢を知った
情報をブログの中でいくら公開しても
それを読んだ方が私を嫌いになるか、
定かではありませんが、今回年齢だけ
言われちゃいましたが、なんであの人
ここまで私に敵意を向けるのか理解が
できません。翔さんのお気持を不快に
させてしまいました。
ほんとうに申し訳ないです。

きょう
2007/01/08 16:16
きょうさん>きょうさんが謝ることは何一つないんです。
不愉快なのは彼の書いた記事ですから。
あんな記事をかけば、どんな反応が返ってくるか。
それくらいのことが想像できない。
どこまで愚かなのかと思いますが、それにムカついてコメント書いてしまった自分も単純だなと思います・・・爆。

敵意というより、そうすればまた構ってくれると思っているのかもしれません。結局のところ。私たちは彼の言動に振り回されているのですから。
これも、彼の希望に沿った形ではないにせよ、構ってもらって寂しさを埋めているのかもしれないですね。いっそ、完全無視ほうがいいかもしれないです。・・・・・・ええっと詳しいことはまたあとでということで。
坂本翔@管理人
2007/01/08 20:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ほんともう、お願いだから。 夢華月縮小版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる